高性能・高品質・高信頼性の画像センサ

for industrial, photographic, scientific,and security applications

Teledyne e2v(テレダイン・イーツーブイ)は、CMOS (相補型金属酸化膜半導体)、CCD (電荷結合素子)、EMCCD (電子増倍 CCD) による画像センサをはじめとする 高性能画像ソリューションの設計、開発、製造で40年以上の実績を誇っています。X線から、紫外線、可視光線、近赤外線にまで及ぶ 広大な電磁スペクトルを動作帯域とする Teledyne e2v の画像センサは、航空宇宙、科学、防衛、産業、医療など、要求の厳しい用途を幅広く 考慮して設計、製造されています。

マイクロン株式会社は日本市場において、Teledyne e2v のイメージセンサ、技術情報及びテクニカルサポートを提供しています。お気軽にお問い合わせください。

3つの製品カテゴリー

Teledyne e2v の画像センサには、CMOS、CCD、EMCCD の3つの製品カテゴリーがあります。

CMOSイメージセンサ

Teledyne e2v は、相補型金属酸化膜半導体 (CMOS) 撮像で長年にわたって培った技術力を有し、現在ではさまざまな用途向けに準標準の CMOS 画像センサを数多く開発しています。このような画像センサとして、科学研究向けの低雑音デバイスや宇宙用途向けの ハイパースペクトル撮像装置などがあります。

CCD

TeledyneE e2v は、科学、航空宇宙、天文学、防衛の各分野向け電荷結合素子 (CCD) の販売ではトップ企業であり、過去数十年にわたって 幅広いお客様に優れた納品実績を残しています。

EMCCD

L3Vision™ (電子増倍 CCD または EMCCD ともいいます) は、最も高感度な CCD を上回る性能を発揮する高度な CCD テクノロジです。 L3Vision™ では、夜間監視、天体観測、生命科学での蛍光や発光の検出など、十分な光子が得られない条件での使用が中心となります。

主な製品ファミリー

Emerald Family (エメラルド)- CMOS image sensor

・ Teledyne e2v のCMOSセンサの中で一番新しいファミリー

・ グローバルシャッタ付きとしては世界最小のピクセルサイズ

(2.8um x 2.8um)

・ 現在 12MP と16MP、2種類の製品の評価用サンプル入手可能

(今後もう少し画素数の少ない製品を数種類追加予定)
Sapphire Family (サファイヤ)- CMOS image sensor

・ WVGA、1.3MP、2MP の3種類量産中

・ マシンビジョン、バーコードスキャナ等の用途に最適

Ruby Family (ルビー)- CMOS image sensor

・ 1.3MP

(ローリングシャッタタイプ、グローバルシャッタタイプを別々に用意)

・ 高い近赤外感度 (750nm 付近に感度のピークあり)

Teledyne e2v データシート

◇ データシートリンク: Teledyne e2v のイメージング製品サイト(english)

最新のデータシートは Teledyne e2v のサイトからダウンロードしてご利用ください。